最近の(続)おひとり様はすっかり趣味に走っています。2013年より期間限定で関東に移住中です。


by noi-y.noi-y

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いらっしゃいませ。

札幌生まれの札幌育ち。
ですが現在首都在住中。期間限定で楽しんでいます。

筋金入りの?趣味人です。
長年続けているフルートは引っ越ししてもレッスン通ってます!

江戸に来たからには、なにか江戸っぽいものを、と思って始めたのが和裁と着付け。着付けは講師の資格も取得しました^^)(現在お休み中)

そろそろ江戸生活も終わりに近づいたというのに、2月から茶道のお稽古を始めました!武者小路千家流、有吉登聖先生に師事しています。茶の湯の世界は奥が深い!!

カテゴリ

全体
foods
wine&drink
place
favorite
flute
ひとりごと
flowers
jobs
Entertainment
Photo
キモノ
未分類

以前の記事

2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...

検索

カテゴリ:Entertainment( 24 )

おもろい

洋ちゃんが出てるから毎週見てるよ、真田丸。

でも洋ちゃんは主役じゃあない。
堺雅人くんなんだよ。
でもついつい、洋ちゃんガンバれ!!って思っちゃうんだよね。道民の悲しい。。。佐賀!!いや性。

生き延びるのは、信之なのだ!
そーだ頑張れ洋ちゃん(笑)

なんかね、どっかのHPで、大泉洋と堺雅人の確執とか書いてあってさ、コミカルな演技を持ち味とする大泉洋が、シリアスを追求する堺雅人とぶつかってるって。
大泉洋って演技上手いのよーバカにしないでよね(笑)それに彼は、結構小さい人間で(笑)そんな変な自己主張しないんだから。


[PR]
by noi-y.noi-y | 2016-01-21 19:27 | Entertainment | Trackback | Comments(0)

ま、季節なんで

サイレントイブ

稲垣吾郎じゃない、稲垣潤一バージョンです。。
稲垣さんが女性アーティストとデュエットしてるのたくさんあったけど
そういえば何年か前に、コンピレーションアルバムかなんか出たっけね。

辛島みどりの原曲、昔カラオケで歌ったっけ。
なんか、もうほんとに悲しくなる歌だったなあ。
最近のバージョンのほうが救いがあるね。大貫妙子の声も渋くてステキ^^)

やっぱyoutubeで落としても音が悪いからなー。
ツタヤでも行くか。。。
[PR]
by noi-y.noi-y | 2011-11-27 21:25 | Entertainment | Trackback | Comments(0)

はーれー!

今日はすっきり晴れました!
さてどこに出かけようかな~。ウキウキ。

昨日の映画館で上映前のプレビジョンを何気にみてたのですが、
これ、よさそうだった。
はなよりもなほ
岡田君、いいよ。時代劇。雰囲気ぴったり。
凛とした雰囲気、が漂ってきました。貧しい長屋での話しなので、けっして美しい役どころではないのですが、なんていうか周りに満ちてる清潔感。
V6のメンバーであることなど全く感じさせない役者な顔をしてましたねえ。
出来れば見に行きたいナー。

ダ・ヴィンチコードも見たいし(いちおうね、本は読んだけど)
謙さんの「明日の記憶」も泣けそうでしたよ。


ゴールデンウィークもあと少し。皆さんは何をする人でしょうか??
[PR]
by noi-y.noi-y | 2006-04-25 08:54 | Entertainment | Trackback | Comments(4)

木曜日は

いわずと知れたレディースデイ。

さて何を見ようかHPを見て考えました。キャメロン・ディアスもオーリーもいいなあ。。。
とふと、目にとまったのはやはり邦画。
「蝉しぐれ」
予告でいいなあと思っていた藤沢作品。
あまり時代劇(時代小説)には興味のなかった私ですが、
以前NHKでやってる「金曜時代劇」というのに、ナックスの音尾琢真くんが出ていて、そのときやっていたのが藤沢周平の「秘太刀馬の骨」。
(たくちゃんは置いておいて、とても面白い話でしたのよ、終わっちゃったけど。)

さて、この「蝉しぐれ」思ったとおりステキな映画でした。

More
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-11-25 10:36 | Entertainment | Trackback | Comments(0)

ノッティングヒルの恋人

久しぶりに更新。やっつけぽいですね^^;

連休も終わりました。
私の知り合いも中3日年休にして9連休をとったということですが、そんなに休んだらたぶん社会復帰はできまい、と思う貧乏性の自分。
それでも祝日は今回すべて休みなのでラッキーかな。

とはいえ札幌は秋真っ只中の観光シーズンでして(笑)
昨日通りかかった札幌時計台もすごい人でしたねえ。
つまりはどこも混んでる訳で。。。。
ドライブに行きたいけれど最近のガソリン代の高さを考えると、
つい中島公園散歩コースになってしまうわけです。
そして鳩と戯れる(涙)

何の予定も立てていなかったのですることがなくて、
今流行のファステイング・プチ断食などをしてすごしていました。
人間、ジュースだけでも一日過ごすことができるんですね。
発見でしたわ。。。

さて最終日。掃除をして衣替えをして更新を・・・(笑)。
何気についてるテレビから「ノッティングヒルの恋人」が・・・・。

前に一回見たことあるなーと思いつつ、つい見てしまう。
ヒュー様はやはりステキですね。
情けない男をやらせたら右に出るものはいないと言われるラブコメ・キングとジュリア・ロバーツの組み合わせは、やはりステキなおとぎ話。
実際には自分のこととしてはありえない話だけど(まず主人公が女優だもの)、あんなふうにキレる女の子をやさしくなだめてほしいと、
短気な私は思うわけです。
(ま、マスコミにばれたときのアナの言動はあまりにもに自分勝手)

危機的状況などで感情先行になっているとき、
一歩引いて冷静にさとしてもらいたいな~(願望)
これも包容力のひとつの形だと思います。

ただし。ここが肝心なんだけど、「気の弱そうな」人が実は包容力があった、ってとこ。
設定でもヒュー様は「気が弱くて口下手でゴシップ記事にも興味がなくて友達に女の子を紹介されている」風に描かれてますから、効果倍増。
黙っててもヒュー様はそういう顔をしていますけどね。
そこがまたいーんだなあ。(ほんとのところはわかりませんが^^;)

いわゆるギャップ、ですね。ありがちと笑うなかれ。

これが逆だと目も当てられない(笑)
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-09-25 17:04 | Entertainment | Trackback | Comments(2)

旅行の楽しみはお出かけ前にあり

ネットで情報収集をしていたらこんな催しを見つけました。

ルーブル美術館展

おおお。いいですねえ。
ちょうど東京出張が来週末にあり、連休がんばって働いたからここは一日余分に休みを取って・・・・むふふ。

世界3大美術館。ルーブルとメトロポリタンと大英博物館。
おお?博物館?
その他エルミタージュ、プラド、などなど。
将来行くことがあるのか不明ではあるが、せっかく日本に来てるのだから行こうではないか。

そうだなー。計画計画。この時が楽しい。
さーホテル探そう。
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-05-06 12:15 | Entertainment | Trackback | Comments(4)

歓喜の歌

連休中はみなさん外泊などに行かれてお仕事もとっても暇でした。
深夜パソコン持ち込んで仕事(自分の)しつつブログ更新!などとこっそりやっていたら、うまく接続できずに消えてしまいました・・・。悪いことはできないものですねえ。

さて。先日見てきました。
チームナックス全国公演「コンポーザー」~響き続ける旋律の調べ~

これはですねえ、クラシックを題材にしたお芝居。
とはいえ、登場人物と楽曲以外はフィクションで、もりさきさんいわく 「ご勝手ご都合主義史実無視ファンタジー」だそうです(笑)
でも、親子愛・友情がテーマで楽しめましたよ。
スジは書けませんけど(ネタバレ)。
今までのお芝居とはちょっと違うかなという意見もあるようですが、これで全国を回るんだ~、いいんじゃない?と私は思いました。

北海道から東京に殴りこみとかいろいろ言われておるようですが、別にねえ(笑)大げさな。
ただ私は地元北海道で活躍している大事な彼らの作品が
暖かく受け入れられればいいなあと願います。
彼らも前作から東京公演を行ったりしてますし、
大泉洋君はあの通り全国区に活躍もしている。
今回のことには彼らなりにいろいろ思うところもあったでしょう。

だけど「自分たちの面白いと思ったものを自分たちの手で作る」という姿勢はこれからも大事にしてほしいし、それを忘れなければきっと北海道のファンも今後もずっと暖かく見守っていくのではないかとのんきに思っているのでした。

歓喜の歌。
ベートーベン交響曲第9番第4楽章。
あまりにも有名なこの曲に本当にこんなエピソードがあったらとっても面白かったなあ。
年末じゃなくても聞きたくなってCD買いました。しかも。1番から9番までのボックスセット、超激安。

たしか前に、有名なマエストロがベートーベンの交響曲マラソンみたいなものを一日かけて行ったという特番を見ました。つまり、すべての交響曲をぶっ続けで聴くと一日以上かかるのですねえ。私は根性なしなので、ちょっとづつちょっとづつ聞きたいと思います^^;;


ベートーベンを聞くと頭がよくなるらしいですよ
おためしあれ。
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-05-05 10:11 | Entertainment | Trackback(1) | Comments(4)

記憶

最近映画がおもしろうございます。

エターナルサンシャイン

やっぱり一人で見る恋愛映画。
これは予告編をみたときにゼッタイ映画館で見ようと思っていました。

消したい恋の記憶なんて誰にでもひとつはあるものでは??
でも、それがどんなに悲しいことかこの映画は語ってくれます。
今の自分があるのはその恋をなくしたから、かもしれない。
悲しいからってその部分をただ単にそぎ落としてしまうことは
何の解決にもならないどころか、ココロに穴を開けてしまうだけ。

やっぱりネタばれ
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-03-27 20:05 | Entertainment | Trackback | Comments(4)

いろんな毒が・・・

昨日何気にテレビを見ていると
芸能人の今後の寿命と推定する、という番組をやっていた。

これって医学的根拠はどこにあるんだろう、と言うような疑問はおいておいて。

その中で印象的だったのが
「ポイズン・ピープル」
自分ではストレスを感じないんだけど、周りの人にストレスを与える。

5つの条件3つ当てはまる人はポイズンピープル
1、自己中心的
2、命令口調が多い
3、優柔不断
4、家族や友人にたいしても冷たい態度をとることがある
5、愚痴や文句が多い


・・・・。私ってやっぱ毒吐きだったんだわ^^;;;


でも。


こういう側面って誰しも少しは持ちえているものでは?>自己弁護
ちなみに番組では野々村誠さんの奥さんがポイズンピープルでした。
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-03-24 11:06 | Entertainment | Trackback | Comments(4)

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

今日行ってきました。


直訳すると暗闇の中での対話とでももうしましょうか?

本当に自分の手のひらさえも見えない真っ暗な中を、白杖と自分の五感を頼りに進みます。はじめに説明を受けてからお部屋に入るんですけど、入ったとたん本当の暗闇ではっきり言って日常味わったことのない恐怖感。8人いたうち、一人の人はもう前にも進めず脱落。私もちょっとパニック気味^^;;でも、少しずつ少しずつ慣れてくると、いかに毎日視覚に頼っているのかを痛感します。

「何か音が聞こえませんか?」
私には最初鈴の音に聞こえていたものが実は虫、鈴虫の音だと言うことがわかります。
砂の上を歩いていると思ったのが実は軽石の小さいものだったり。

実はこの暗闇の中を視覚障害者のかたが案内してくれます。
彼らにとってはこれが日常なのです。
そのうち、参加者が少しずつこっちですよ、とか声を出すようになり安心感が増します。(私的にはその声がとても頼りだったり)

「ではここはライブハウスです。お飲み物をだしましょう。なにになさいますか?」
暗闇の中でグラスに飲み物を注ぐ彼ら。こぼれません。
私はジュースを飲んだのですが、何度もグラスに顔が当たってました。
いつも飲んでいるものもなんとなく違う味に感じたり。

30分も暗闇にいたのに15分くらいにしか感じられません。時間の感覚も違ってくるのです。

暗闇の中ブランコに乗ったのですが、三半規管がやられそうになりちょっと気持ち悪くなったりしましたよ。目でみる景色がないとうまく体と環境が頭の中で調和しません。

とてもとても不思議な、貴重な体験でした。


最後にみんなで感想を言い合うのですが、
「みなさんは私のことをすごいとおっしゃいますが、私とっては見えている皆さんがすごいと思います。自分にとって見えないのは普通のことだからです」
とおっしゃっていた案内役の方の言葉が印象的でした。

障害者の身になるべきだとか、そういうことを言いたいのではなくて
自分が当たり前だと思っていることがそうじゃない状況になったときに、人は自らの価値観をかえりみることができるのではないでしょうか。
暗闇のなかですぐそばに人がいる感覚って、だんだんわかってくるものです。それがとても安心する。

こういう世界もあるのですね。





うまくリンクはれません^^;;なして?
www.dialoginthedark.com/
です。興味のある方はどうぞ・・。
[PR]
by noi-y.noi-y | 2005-03-20 22:02 | Entertainment | Trackback | Comments(4)