おひとり様の日々・・・その後

ohitorisam.exblog.jp
ブログトップ

県民性・道民性・国民性

snowbirdhotelさんの失われた気配り、心遣いにトラバ。

私はやっぱり、生まれた場所って性格形成や人間性に多少は影響すると思います。

>北海道の人は人情があるとか、よそ者でも受け入れてくれるとかって言う人が時折いますが、それってどうなのでしょう?

基本的に北海道民の多くは移民(本州からわけあって移住してきた人)ではないでしょうか。それもあまり胸を張っていえる理由ではなさそうな・・・(自分の家もふくめて)。今でもうちの親やそのあたりの年齢の方は本州のことを「内地」と言いますね。この言い方は沖縄の人もするといいます。だから、「よそ者」のなかには自分も含まれていたのではないかな。そこに「みんなに優しく助け合って、でもそこここの理由や事情には眼をつぶりましょう」、みたいな人との接し方が形成されたのでは??

確かに、よそ者を受け入れてくれる、とはよく言われること。
あまりこだわりをもたずに、コンサもファイターズも最初から応援してきた道民。
そのことは上に書いたような理由なのではないかと個人的に思っています。

今の仕事の関連で、全国13地域のかたがたと年に何回か話をする機会がありますが、地域性は、というか地域差ですかね、はあると思う。
ここの地域はこっちに比べていいとかの比較ではなく、差ですね。
でもそれが個人差とどうちがうのだ、と言われるとちょっと困るけど^^;

>普通はそういうことを打算的に考えて人に接してなんかいないでしょう。気配りをする方が特別とかそういう風に見るのもどうかと思うのですが。

道民は(というか少なくとも私の周りには)、あまり損得勘定を考える習慣はないと思う。これは個人的にとっても強く感じる。

本州の人と話してて「~なんて、損なことはしないよ」みたいなコトバを会話の端々にされたことよくあります。その人にとって、価値観のひとつは「損得」なんだと思います。けして間違っているとは思わないけど、私にはそういう風に考える習慣がないからまったく理解できない。その人にとっては、私はぽわーんとして頼りない、いいかげんなオトナにみえたことでしょうな(笑)

気配りは、まさしく字の通り、自分の気を相手に、周囲に配ること。
自分に気がちゃんとたまっていなければ人に配ることはできないですし
興味の対象が自分以外のものに向けられていなくてはいけない。

だから、snowbirdhotelさんの言うように、気配りって特別なものじゃないですよね。そんなのに地域差があったら、そりゃみんな気配ってくれるほうに住みたいと思う。

ながーい歴史の中で、たとえば京都の人はよそ者に冷たいとか、たいして長い歴史ではないけど北海道民はあったかい、等といわれてきたのでしょうが、最終的にはどれだけ自分以外の人やものに心を配れるか、人間性の違いになっちゃうのかな。そこに社会や文化や歴史が影響しているのは間違いないから、そういう人間が増えちゃったということは、日本全体がそういう風に変化しているってことなのかもしれませんね・・・。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-08 19:25 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ラストクリスマス

今日ビデオを見ました。
やっぱりね・・・。こうきたか。
私はドラマとか先を推理するのが大好きで(笑)、このドラマも始まったころ
「やっぱ、タイトルがタイトルだけに、ラストなんじゃない?」
などと言ってたんですよね・・。
そうですか、ずいぶん話がうまくいくなーと思ったら・・
悲しいお話になるのですか。

今年は、せかちゅー、いまあいにいきます、など悲恋ものが多いですねえ。。
「いま~」は見てないのでなんともいえませんが、
見た人にとっては、せかちゅーよりいいという話もちらほら。
(しかも私が見たのはせかちゅーTV版)

確かにいい話だったとは思いますし、大泣きもしました。
でもなー。死をもって純愛が完成ってちょっと短絡的すぎるのでは?
まあ、あれは死にたくて死ぬわけではないけれどね・・。
純愛についてはいろいろ賛否両論もありましょう。
突っ込めるほど真剣に見てたわけでもないので感想ってことで>せかちゅー

クリスマスにむけ、ハンカチを準備しなくては・・。

にしても織田祐二かっこよすぎ。完璧な彼氏です。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-07 22:33 | Entertainment | Trackback | Comments(6)

冬の娯楽と言えば

ウィンタースポーツ!
とくるのでしょうね、普通。私もスキーはします^^)

でもやはり冬の娯楽と言えば「温泉」

最近札幌も温泉入浴施設がたくさんできてきました。
例の白骨温泉の騒ぎ以来、わりとどこでも「循環ろ過」とか「掛け流し」とか
表示がきちんとされるようになってきたようです。
やはり大事だと思う人にはそりゃーきちんとしてもらわないとね。

でも私はわりとどっちでもいい派でして^^;;
いつも行くのは職場の近く、黄金湯温泉。安い。500円。
でも今日は休みだったから、できたばかりの
「つきさむ温泉」に行ってきました。
(実は朝ローカル情報番組で特集されていたのだ)

「とんでん」というレストラン(ファミレス)が源泉を掘り当てました!
とあります。札幌にしかないんだっけ、とんでん。

4階建ての大ーきな建物。
4階が浴場、3階がお休みどころ、2階がとんでんレストラン。
浴場は露天風呂もありすがすがしいかんじ。およ?
別料金で今流行の岩盤浴もできます(25分525円)→しなかったけど。
昨日の雪がうそのようですねえ。あーさっぱり。

にしても、多いです、おばちゃん。
月曜日の午前中ですよ。おばあちゃんから子供つきの主婦まで。
みなさん優雅ですねえ・・・ため息。
できたばかりのためか、平日にしては混雑しています。
きっと土日はこんなもんじゃないだろうけど・・・。

ここら近郊で料金1150円は安いです。しかも浴衣つき。
ほんとだったら一日ゆっくりしていたいがそうもいかずそそくさと帰る私(涙)

今度はゆっくりビール飲んで寝てやる!
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-06 20:24 | favorite | Trackback | Comments(8)

やーや、わや。

皆さんニュースなどで知っているとは思いますが
今日の札幌は朝から断続的な雪が降り続いています。
予報では明日朝まで降る模様。
札幌でも50センチは積もったと思いますね・・。

b0033428_2311827.jpg

これが私が今日仕事に出かけるときの外。午後1時30分ころ。
大粒の雪が降っています。
道路もかなりずるずるがたがたで走りにくいったらない。
でもまだ余裕。


b0033428_232366.jpg

そしてこれが帰るときの道路。
わかります?真ん中にあるはずのない中央分離帯ができています!
(本当にないのですよ。だってあったら除雪しにくいじゃない)
おかげで交差点以外の場所で右折はできませんでした。
片側2車線の国道でも、車線と車線の間にうっすらと雪山ができ
車線変更もままならず。

も、事故多発中。あっちでもこっちでも。

JAFと警察の皆さんご苦労様。

北海道民は
もうどうしていいかわからないくらいひどい、お手上げの状態のことを
わや
と言います。
もしくは わやくちゃ、ですかね。
やー、もう朝からずっと雪かきしてんのさ、もう、わやだ~道。
と言う風に使います。
なまら、とはちょっとニュアンスが違う、大変!という意味のコトバ。
冬はとってもよく使います(笑)

この雪だら、明日は朝道混んでわやだ~。

ま、例年のことですね^^;
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-05 23:05 | place | Trackback | Comments(6)

わー。

起きてびっくり。
真っ白白。
でも、気温は高めなので道路は凍ってないようです。

これも台風の影響なのだろうか??
b0033428_9592350.jpg


本当に単なる独り言。というかお天気情報でした^^;;
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-05 09:59 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

なんと

コンタクトレンズを流してしまった。

新しいのを昨日作りに行ったのだが、ずーっと左の目に入れていたものが
実は右用のものだと言うことが判明した。
流してしまったこともショックだったけど、間違っていたこともショックだった。
コンタクトレンズ屋のお姉ちゃんに、
「わかりませんでしたか??」と聞かれてしまった・・・。

そういうことには無頓着なのよねえ。

大事なものがなくなるときは、
「自分の身代わりになってくれるから探さないほうがいい」
というが、それは指輪とか身につけるもののことだろう。
コンタクトは・・・どうかな。
私の身代わりになってくれたと考える・・・・・べきだろうか???
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-04 11:19 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ひとから見た自分

sakuraさんのキャラミルに初トラバ(今頃かい^^;)

先日sakuraさんのところで試したツキアイゲノム。

あまりにも面白い結果が出て愕然とした。
HOTのWGR
WILD/GENERAL/REALIST
つまり・・人をあっと驚かせることが生きがいで好きなことには全力を注ぎ
なんかちょっとえらそうな、とにかく理屈でものを考える超現実主義者。
ということになるらしい。(適当に割愛した)
人との付き合い方は、HOTなのでねっとりと明るく、熱血がすき。

うーん。
職場で同僚や後輩や友達に言って見た。
ほぼ全員から笑いと賛同を得られた。

あくまでもこれは自分のある一面で、ほかにもいろいろな顔を持っている(はず)だけれど、一般的に見ると自分はこういう人間であるらしい。
もう何年も言われ続けている。

昔はそれこそ、自分はこういう人間ではない!と息巻き、理想を掲げ、
なかなか達せられない目標を追いかけていた時期があった。
やっぱりー女の子は、やさしくて人の気持ちを思いやることができて
控えめで聞き上手で人を支えてあげなくてはならない

ぜんぶ今の自分にはないもの。ないと思われるもの。
私は血液型もA型で、~すべき、~しなくては、というコトバが大好きだ。
(世の中のA型のみなさんごめんなさい)
今もよく使ってしまう。
だけど。
このコトバで、自分を責めたり追い込んだりすることはあっても
助けになったことはあまりなかったようだ。
結局は自分で自分の考えに縛られ、自分も相手も許すことができず
「なぜ自分はこうなのに」「こう考えるのがふつう(常識)だよね」
と、いつまでも同じところをぐるぐる回っていたような気がする。

前に読んだ村上龍さんの「だめな女」の一文
(すごいタイトルにひかれた。悩んでいたんだなー>自分)

「自分らしさは自分が決めるものではない」

それを読んで、自分で掲げた理想の「自分らしさ」をいつまでも
追いかけることはやめたほうがいいいのではないかと思った。
そのほうが楽に生きれるのではないかしら。

もちろん開き直りじゃなくてさ^^;

いいじゃーん、ちょっとくらいえらそうだって。
今までちょっとは努力してきたんだもーん。>お局的発言
現実みなくちゃ幸せにはなれないじゃん。
夢は見ているだけじゃなくて実現に向かうプロセスが大事だしー。

でもでも。これは私の思いであってそれを押し付けてはいけない。
えらそうなリアリストでも、人の立場に立って物を考えたり
コトバを選んで話したりすることはできるはずだ。

人にはたくさんの側面があって、日々それは一定ではない。
人間は各部分の統合体ではなく、それひとつでまるごと「人間」。

人生らくありゃ苦もあるさー♪
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-03 12:01 | ひとりごと | Trackback(1) | Comments(4)

12月1日は

世界エイズデーです。
関連記事抜粋

私は仕事柄(これでも医療従事者)研修会に行ったりしているので
ここに書かれていることは誇張でもなんでもなく、事実です。
本当に、ある日自分の身に起こることもありえます。

前回の研修会で、北海道は10代の人工妊娠中絶率・クラミジア感染率が
全国一だと言うことを知り非常にショックでした・・・。
今現在では、40代~50代の男性の割合が高くなっているそうです。
(これはあくまでもHIV感染者のこと)
献血をしてわかったかたもいらっしゃるようです。
対岸の火事ではない、ということですね。

重たい内容でした・・・。
スイマセン。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-12-01 23:21 | jobs | Trackback | Comments(0)

今日は雪景色

雪明り、と言うコトバを知っていますか?

夜でも雪のおかげでほんのり明るいんですよね。
街全体が白くほんわりと発光してるような感覚です。
(雪は反射率が高いですから)

だからイルミネーションも雪があるほうが光が反射してきらきらと映えますし、
快晴のスキー場では空の青が雪にうつってそれはそれはきれい。
(海とおんなじで、鼻の下やあごが日に焼ける、というのはおいておいて^^;)

何年も何十年も見てきて、大雪で朝夕の雪かきが大変だったり
道路がつるつるで運転中嫌な汗をかいたり、たまに車が回ったり
みんな会うたび「もうやんなっちゃうねー」と言い合ったりするけど、
やはりこの景色がすきなんでしょうな>道民
ていうか、この景色があるから冬を越せるのかな。


ふと見るたびに白いため息が出ます。
何度も立ち止まって空を見上げては、雪が自分を包んでいるような。


b0033428_1045424.jpg


残念ながら雪明りは写真に撮ることはむずかしい。
私の腕とカメラではいかんせんどうにもならない。うーむ。

今日の札幌。予想は3℃。
道路は白いままですが、たぶん午後にかけて溶けてゆくのでは。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-11-30 10:54 | place | Trackback | Comments(5)

エナジートリートメント


先日、エステを体験したときのこと。

あかすりに始まり、足裏マッサージ、リフレクソロジー、リンパドレナージュetc、数年前から癒し系が大好き。
行く前にさんざん斜め読みしたエステHPをみて、予約が取れたのが
砂場恵理子さんのサロンです。

新宿伊勢丹という場所と、そんなに高くない値段にひかれました。
初めて行くサロンなので緊張していたのですが、
まずははじめにシャワーを軽く浴び、ガウンに着替えて時間が来るのを待ちます。(今回受けたのはボディのマッサージだった)
サロンの中はヒーリング音楽らしきものが流れ、ハーブのいい香りが満ちていてとってもいい感じ。

時間が来てお部屋に案内されます。
ここにはボディ用のマッサージルームが2室。ちなみに、何も着ていません。
最初は落ち着かないのですが、すぐに気にならなくなります。
そして砂場さんが現れ、頭元で砂場さんの手が私の顔の上に置かれます。
なぜだかわからないけど笑いたくなる衝動が襲ってきて(?)必死に我慢。
(たぶんリラックスしたんでしょうねえ>自分)

そのあと、アロマオイルを調合してマッサージの開始。
1時間30分。途中ちょっと痛い事もあったけど極楽なひととき。
残念なことに、途中寝てしまった!不覚^^;)

その後の砂場さんの短いコメントにはっとさせられます。

全身的にところどころ気がよどんでいる場所を主にマッサージによって
気の流れを整えましたとのこと。
終わった後はなんとも言いがたい精神状態におかれます(笑)
えーっと、次何するんでしたっけ?みたいな。
すぐに日常には戻れず、ハーブティを飲んでしばしぐんにゃり。

「なるべくざわついたところには行かないほうがいいですよ。
お茶を飲むのでも、なるべく静かな喫茶店に行ってください」
とのありがたいアドバイスでしたが、東京でスタバ以外のcafeをしらない・・。
本当は、六本木ヒルズに行ってー、その後夜景みてー等考えていたんですが
ぜーんぶやる気がなくなりそのままホテルに直帰してしまいました。

まるで、精神的にまとっていた自分のガードがきれいにはずされてしまった、
というような感覚を味わいました。
ちょっと、どうしていいのかわからない軽いパニック(^^;)
ボディマッサージを受けに行って、頭をこんこん叩きながら帰ってきました。
今はもう元に戻っていますが。

※これはあくまでも個人的な感想です・・。

ちなみにこのエナジーマッサージはすべてオーナーの砂場恵理子さんが
施行してくれます。雑誌には「ゴッドハンド」と書かれていました。
賛成1票。

ぜひまた行きたいと思う。

使ったオイルはラベンダー・ゼラニュウム・ベルガモットとのこと。
買いに走ったのは言うまでもなし。
毎日オイルを使って足裏マッサージしてます。上手になったよ。


手をかざす、って効果があるんだ。再確認。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2004-11-29 00:55 | favorite | Trackback | Comments(0)