おひとり様の日々・・・その後

ohitorisam.exblog.jp
ブログトップ

笠間の陶炎祭に行ってきました!

2017、私のゴールデンウィーク!

というテーマでどうですか?と言われたので素直に従う(笑)

今年は遠出をする気もなく(そのために4月に京都奈良に行った)。。。だってどこも混んでるし。。でもどこにも出かけないと心がしんどい~る~る~る~♪ということで、行ってみたいなあと思っていた陶器市に行くことに。

関東周辺有名なのは、笠間か益子。東京から距離は同じくらいだけど、自宅から常磐線1本で行ける笠間に行くことに決定。本来笠間は水戸線の駅だけど、陶炎祭の時は友部の駅からシャトルバスが出ています。しかも100円。お安い。おまけに、同じ時期に同じように陶器市をやってる益子と笠間の2か所を回るバスも出ているようです。

ちなみにかなり有名らしく、毎年55万人もの観光客が訪れているらしい(驚)

とりあえず友部からのバスに揺られること15分。会場までの道のりは関東の田舎らしく田んぼと畑の広がるのどかな風景。と思ったら、前方に長蛇の車の列(笑)やっぱりそう来たか。10時前に到着した会場はすでにた~くさんの人とテント(笑)中央にフードコートやらステージがあって、テーブルセットやベンチがあるのですが、そこもほぼ人で埋め尽くされています。そして、それを取り囲むように作り手さんや窯元のお店がびっしり。地図なしでは歩けませんし、何百もお店があって、気になるお店はチェックしておかないと忘れそうです。

いろんなタイプの焼き物やら商品があるので、最初は一軒一軒手に取って見ていたんだけど、そのうちに「ここいい!」というところと、「ふ~ん」という好みがはっきりしてきて、我ながら面白かったです。

もちろん、見て歩けば歩くほど、ああこれいい!!、こっちもいい!これもほしいわ!となりますが、お財布とも収納場所とも相談しなくてはいけません。なので、購入できたのは以下のもの。

b0033428_22304276.jpg


まず、お茶のお稽古に使うお抹茶茶碗がほしかった。ちなみに普通の茶碗とはちょっと作りが違って、見込みの中央にお茶だまりというへこみがあるんです。

だいたいどこのお店もお手頃価格の商品がだ~っと並んでるのですが、抹茶茶碗は各作り手さんも本気作品が多いみたいで、1万前後~ン万円!そんななか、柄ゆきにひかれて、素敵!と思ったのが松田路子さんの器。手書きのご飯茶碗がすごくかわいかった。そして、今まさに高台にやすりをかけて棚に並べられたばかりの茶碗!!すごくかわいくて、その場で購入しちゃいました。ほかの抹茶茶碗もすごく素敵だったのですがお値段が(笑)でも、これもお茶だまりのある、抹茶茶碗なんですよ~。もっと濃い色に上がるはずだったのにイメージと違ったので、お安くなりましたと、松田さんはおっしゃってました。ありがとうございます。ちゃんと銘が入っております。大切に使わせていただきます。
b0033428_22304234.jpg


あっという間に目的を達したのですが、せっかく来たのでとりあえず場内1周。直射日光が暑い~人込みでは日傘は無理なので帽子は必携ですよ!

そんななか、目に留まったのがこのカップ。
b0033428_22304370.jpg


フリーカップ?そばちょこ?高台のないタイプのカップが使いやすくて好きなんです。色がかわいいでしょ。手に取るのは渋めの器が多いのに、購入するのはかわいいものが多いという不思議(笑)

今回は私はこれだけ。オットはなぜか植木?を買っていました。夏はぜっていうんですって~。
b0033428_22304401.jpg



行きはケチってJR常磐線の普通車グリーン車でえっちらおっちら行きましたが、帰りは特急でびゅ~ん。特急ときわはラグジュアリー感満載なきれいな車両でした(空いてたけどw)。


来年も行きたいけど~ちょっと無理かなあ。ほかにも瀬戸や信楽や有田の陶器市とか行ってみたい。北海道には著名な焼き物の産地がないから、そういう陶器市があるとは聞いたことない。。あるのかな??

とりあえず連休の後半スタートはこんな感じです。でももう遠出の予定なし。もうどこもここも人がすごくて(笑)それは都内もどこも一緒だけど、結構疲れるんですよね。まあ北海道も連休で混んでるみたいだけど、パーソナルスペース自体が違って、なんというかレベルが違いますよねえ~(なんていうと東京にかぶれたみたいですが爆)


[PR]
# by noi-y.noi-y | 2017-05-04 22:35 | place | Trackback | Comments(0)

連休後半、の前に

さて、ゴールデンウイークとはいえ間に2日平日で、普通に仕事の人が多い街大都会tokyo(笑)御多分に洩れずうちのクリニックも通常営業でしたよ😩

ちなみに、予定の再診患者さんは少なかったのですが(お出かけするからね)、こーゆー時は割と新患が来るんですよーこれが。

うちのクリニックは、ネットもマメに更新してるから、「ネットで検索しました」と、新年そうそう怪我人が来てましたw。

今回もそんな感じなんだけど、なぜか若者の怪我人ばっかりでした。しかも、結構前から痛かったけど、やっと休みになったんで来てみたんです的な多忙な若者の多いこと。そしてなぜかアキレス腱の痛い人が多かった、そんな連休中日でした。

どうぞ連休明けは大量に患者さんが来ませんようにと、医療者ならぬ願いを心に秘めて連休を過ごしますw
b0033428_22353464.jpg


通勤途中のクレマチス。もう咲いてる!!

[PR]
# by noi-y.noi-y | 2017-05-03 22:22 | jobs | Trackback | Comments(0)

着物でお出かけ〜大塚 麦酒庵編

さて、GW初日はキモトモのmasaminさんとマイマイの3人で、目白の井戸端キモノマーケットで散財し💸💸鼻息荒く向かったのが、大塚の麦酒庵さん。

私以外の2人は以前行ったことがあるとのこと。麦酒なのでクラフトビールがメインかと思いきや日本酒のお店らしいw

人気店なのですが、当日あっさり予約が取れました。店内は禁煙、喫煙者はベランダでどうぞ、というシステム。東京は本当に分煙が徹底されてて、ついついこれが当たり前って思っちゃうw

とりあえず席についてクラフトビールをまずいただきます。
b0033428_22031441.jpg

masaminちゃんと。なんてビール🍺の似合う2人wビールの後は、やっぱり日本酒よね!

ちなみにここは、銘柄指定では飲めませんw自分の好みを伝えそのイメージにあったものを店主さんが持って来てくれます。なので、えっとー辛口のー感じ?なんて言おうものなら、どんな感じなのかをつっこまれますwとにかく、店主さんの日本酒愛がすごい。でも、自分でも「私こんな感じが好きなんだ!」という新たな自分に出会えたりしてw
b0033428_22031579.jpg

とりあえず自分の飲んだ日本酒。

旨味が濃くて、酸のスッキリしたタイプが好きみたいです❤️五十嵐は、タブーを犯してw出してくれた1杯目。

b0033428_22031607.jpg

ちなみに食べるものも、どれも酒の肴ですごい美味しい。ここに載ってるのはほんの一部w

4時間も居て、とことん日本酒を堪能(笑)お会計は決して安くはありませんが。。2軒行ったと思えばこんなもんでしょう。美味しいものにはお金を惜しまない飲兵衛たちです❤️

こちらのお店は面倒くさがりさんには向かないと思うけど、とにかく日本酒の奥深さを追求できます。ご馳走様でした!




[PR]
# by noi-y.noi-y | 2017-05-01 21:43 | wine&drink | Trackback | Comments(0)

どうやら

おひさしぶりでございます。

どうやら、今年の夏前に札幌に戻ることになりそうです。いろいろしなくてはいけないこともてんこ盛りです。4年弱、東京生活は楽しくもあり、逆につらいこともあり、対人関係でも自己否定ばかりしていた時もありましたが、良い転機になるのではないかと思っております。だって座右の銘は「逃げるが勝ち」だもの(笑)

またそのうち、ぼちぼち書いていこうかな。ブログ。

[PR]
# by noi-y.noi-y | 2017-04-28 13:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

サヨナラお助けグッズ

お久しぶりの投稿です。

笛ネタw

もう壊れてボロボロだったサムポートというお助けグッズについにさよならしました。

フルートって、指をかける場所がないんですよね。だから持ち方、構え方、キー操作で簡単に管体がぐらつく。おまけにエアリードなので、吹き口を口でくわえて安定するということがない。よって出る音が毎回違う。最初の難関はここだと個人的には思います。ちょっと力を入れるとただの丸い管が滑るんですもん。

それを助けてくれるのがこのサムポートというグッズ。

b0033428_11590616.jpg
右手の親指の居場所を作ってくれてなおかつ、管体が内側に滑るのを防いでくれます。私もずいぶんお世話になりました。。。。


前の記事検索したら、2008年に初めて使ってました(笑)
今のお姿がこれ…
b0033428_12064795.jpg
ぼろぼろw

それでも管体の太さがあったほうがいいといわれてずっとつけてたんですけど、なんだかくっついて外れなくなったらやだし(笑)実際結構張り付いてました…。ということで今回外しました。

もちろんきっと管体がぐらつくことは多々あるし、リングキーの最低音(私の場合はH音)は鳴ったりならなかったりするのは同じなので。

それよりも、まもなく50の声を聴く私。

1時間以上ぶっ続けで吹いてると関節や手首が痛くなってくる。いわゆる腱鞘炎もあちこちに隠れてる(加齢現象なので・・・)

すこしでも楽器を軽くしたい。

ちなみに私の楽器は、パールのAg925オフセットリング(Eメカあり)H足部管。う~ん。見た目ですでに重い(笑)これをインラインのC足部管にしたら、どれくらい重さが違うんだろう?(ちなみに一番軽いのは洋銀です。家にある洋銀に今使ってる頭部管を付けて吹いても全然鳴らないので、これはナシ)

今ある選択肢は
1)同じボディの、パールのC足部管を買い足す(はたして可能かどうかは別w)
2)パールのH足部管のフルートを下取りに出すか売りに出して、今使ってる頭部管(フルートマスターズ)に合わせてボディを買い替える(Ag970インラインC足部管)

新しいボディ買ったら50万くらいかなあ。。。中古のフルートって売れるんだろうか?インラインだとキーメカがシンプルになるから軽さは確かだけど、慣れるまで左手のリングをふさがないといけないかも。

パールで足部管買い足すのが一番経済的には現実的だけど、ボディそのものの重さは変わらない。あと残ったH足部管がかわいそうな気もするなあ。。。

となんとなく、おなじところをぐるぐる回っているのでした(笑)

まだ結論は出ません。。。












[PR]
# by noi-y.noi-y | 2017-02-14 12:23 | flute | Trackback | Comments(0)

ダニエラ・コッホさんのマスタークラスの公開レッスンを聴講してきました!

久しぶりの投稿です。笛ネタ(笑)

今日は新宿御苑前のアトリエで行われたマスタークラス公開レッスンを聞きに。

以前にも一度行ったことのある公開レッスン。これがなかなか面白く、勉強になるのです。今回は日本に演奏旅行にいらしていたダニエラ・コッホさんのレッスン。若くてきれいで才能があって。もううらやましい~。2009年の神戸フルートコンクール優勝されています。

さて公開レッスンですが、午前中2名、タファネルの魔弾の射手とモーツアルトのコンチェルト313。午後は3名、ライネッケのフルートコンチェルト3楽章、ドゥメルスマンのオベロンファンタジー、ライネッケの1楽章のラインナップ。すべて東京音楽大学の学生さんです(学部生3名、大学院生2名)。

全部通して聞いてみての感想。

やっぱり学部生より院生のほうが実力は上。歳が上ですから…(偏見?)

そして、若いがゆえにパワーがある。ありすぎなくらい。全曲ほぼフォルテで吹くのはどうかと思うが、大音量がやはり今のはやりなのかしら??逆に弱奏が今一つ。

ダニエラさん、情熱をもって指導してくれていました。なので、うまくはまった人は演奏がその場で改善されてああ、すごくよくなった!ということがわかります。ですが、やはりうまく伝わらない人もいました。そもそも英語ですし、どうしても表現が抽象的な部分があったりして、意思疎通が難しいのかなと思う場面がありました。ただ、5人のうち誰一人質問をしなかった。ほんとに自分の理解がそれでいいのか、確かめなくっていいのかしら?たった1時間。世界のトップクラスのプレイヤーから直接指導が受けられる機会が、あとどれほどあるのでしょう…。モッタイナイ、とおばさんはついつい思うのでした。

ダニエラさんがずっと言ってたことを忘備録で書いておきます。

「簡単そうに聞こえるように吹く」
これも結構難しいですよね。とくにフィンガリングが早い部分、「ここは難しい!」と思うと身構えて難しいように聞こえるから、何度も練習して「ここは簡単簡単!」と思って吹くことが大事。

この簡単なことをやっているように聞こえる、ってどういうことなのでしょう。ダニエラさんも言ってましたけど、「簡単そうに聞こえるにはどう演奏したらいいかを考えましょう」。音のつながりがなめらかで音色音量ともに凸凹がなくて、ってことかなって私は思いました。

ということは、いろんなことをやりすぎないことも大事なのではないでしょうか。学生さんたちが選んできた曲はどれもドラマチックで歌い上げ系(モーツアルト以外)。たぶん、気合を込めて力説いや演奏しているのだkと思うのですが、全部にアクセントやテヌートやビブラートがついたら、ちょっとやりすぎ。で、フォルテの洪水になっちゃう気がします。あえて、何もしない。指を動かしているだけ。そういう部分があってこその強調部分ではないかしら。なので、「ここにむかってここにアクセントをつけましょう」、というのは簡単だけど、「なにもしないで、ここはす~っとフレーズのラインを感じて吹きましょう」がとっても難しいんだと思います。

フォルテとピアニッシモの違いを明確に。ダニエラさんの何が素敵って、素晴らしい表現力でした。音楽性というのでしょうか。学生たちにわかりやすく多少オーバーアクションだったかもしれないけど、聞いててすごくわかりやすい。楽しいところは楽しそうに。悲しいところは涙ながらに聞こえる。オベロンのファンタジーは日本では結構有名でコンクールとかでも聞きますけど、ダニエラさんは初めてだったそうです。その場で譜面見て、一度通して聞いて、「こんな感じがいいと思う」と初見で吹いた冒頭のメロディの美しいことと言ったら…。まぢですか!!!って感じでした。たぶん譜面を見て書かれてあることを読み込む能力と、それをこんな感じってアウトプットする能力が高いんだと思います。

高音域は音を自分の下に持ってくるように。若い学生さんたちは高音域の早いフィンガリングが大得意。高い音をカキーンて出すのは気持ちがいいものです。でも、逆に冷静に、音を浮かせない。盛り上がるところで叫ばない。ダニエラさんの高音域のフォルティシモはぜんぜんキンキンしてません(学生さんのなかにはもうすごい大音量の高音域の人もいました・・・)。でもちゃんとフォルテってわかる。そういえば前にうちの先生にも、「高い音への跳躍は、高いところから下に飛び降りるつもりで吹いてください」って言われたわ。そうそう、音階練習も、上行系は下がるつもりで、下降系は上がるつもりで吹いてちょうどいいって。。。同じことを言われていたんだと納得。

先日までやってたモーツアルトの313については、特記事項なし(笑)全部同じことだったので。

やっぱりモーツアルトにはモーツアルトの吹き方があって、それをやらないとモーツアルトには聞こえない。譜面面はそんなに難しくはないけど、吹きこなすのは難しい。モーツアルトの変人ぶりを表現するのは大変ですわ。

そうそう、吹き癖のある子がいましたわ。ちょ~音を押してるの。でもたぶん本人は「プッシュ」じゃなくて、歌ってるつもりだろうなあ。私もありました。音の最後がしぼむ癖。しばらくダーダーとベタ吹きするように練習したっけ。癖って無意識だから直すの大変なんだよね。。。。

5時間座ってたらお尻が痛くなりました。だんだん年取ると長時間座ってるのもつらいのよね。。。(爆)でもでも楽しい音楽漬けの時間でした。ライネッケの協奏曲譜面買っちゃおうかな~(笑)」


[PR]
# by noi-y.noi-y | 2016-11-02 21:33 | flute | Trackback | Comments(0)

頭部管 サンキョウVSフルートマスターズ

先週末は札幌に帰ってました。
またも高校吹奏楽部のイベントで(笑)記念ステージの練習。

ほんとはマエスタ持参で帰るはずでしたが、
なにぶん弾丸だったし、とりあえず身軽にかえって実家においてある洋銀を使うことに。
実際、高校時代はその笛吹いてましたから。

ただ頭部管は違っていて、そのころも頭部管だけは銀製でしたが、
中年になって再開した時にサンキョウのFTに変更したのです。
外用に、音の飛ぶ笛でついでに頑丈なタイプを作成しました。

とはいえ、屋外ステージって年に2,3回だし、3年前から関東に来ちゃって
実際はずいぶん吹くの久しぶりでした。
(放置してたけど一応音は出ました^^;;調整もしてないのに・・・・)

一応もう、8年くらいですかね、再開して、レッスン受けて。
あのころと比べると進化もしたけど、頭部管を変えたくらいじゃ自分の音はやっぱり自分の音で、
急にゴールウェイの音になるわけではないのだけど(爆)

それでもちょっとした吹奏感とか含まれる倍音が微妙に違うので、何かが違う!!!と感じます。

ただ、先日合奏した感じだと、サンキョウのほうが吹奏楽ぽい音が出る気がします。気のせいか???(笑)
なんていうんだろう、そんな複雑な音はでないけど、軽くて透明でキラキラした音がでる(当社比)。
とにかく高音が出しやすくて、他の音と上手く混ざり合うのかな?というイメージでした。

でもサンキョウで今やってるエチュードを吹くとなんかうまく吹けない。
もともとのマスターズのほうが、全体的にバランスよく鳴ってニュアンスもつけやすいなあ~と感じました。

まあとりあえずサンキョウで記念ステージ出ようと思います。
ただ一つ難があります。。。ケースに入らないんです。ほんのちょっとだけ長いんです(爆)
太さはほぼ同じなのになあ・・・。

まあどんなことになりますことやら(笑)
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2016-06-07 14:22 | flute | Trackback | Comments(0)

駅で出会う

b0033428_931127.jpg


先日駅で、出かけるときに福島のお酒フェアやってました。
(食べ物ももちろんあったけど、眼に入ったのは酒)

割と遅くまでやってたので、帰りに寄ることにして・・・。

b0033428_9312143.jpg


会津ほまれ購入。美味しかった~。
前に蔵見学に行った大和川酒造さんは出品してませんでした。。。

10年前に行った会津若松
こっちにいる間にもう一度行こうかな。行けたらいいな。

お酒は東北~北陸産、農産物は熊本産を選ぶようにしています。
少しでも復興のお役たてるとうれしいと思います。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2016-05-19 09:38 | wine&drink | Trackback | Comments(0)

休止からの・・・再開

お久しぶりでございます・・・。

もちろん、アメブロも書いてゴザイマスが・・・

飲んだ酒をアップするカテゴリまで作ると、いったい何のブログだかわからんくなるので(笑)

飲兵衛ブログとして、ちょこっと再開シマシタ。

b0033428_15541183.jpg


最近飲んでちょ~好みだった日本酒。
石川県の吉田酒造の手取川は前にも飲んだことがあったのだけど、
この、優 uは、限定で2014年から出してるというブランドだそうです。
吉田酒造店

やっぱモダ~ンな感じが女性受けするわね!!(笑)

エチケットもワインのようで美しい。

この山廃、すごく旨みが多くて、甘いとか辛いとかだけじゃない、お酒の美味しさを教えてくれるような気がします。

限定らしいので・・・もう1本買っておこうかな。



b0033428_15542476.jpg


これは、関東の地ビールたち。
ペールエール、ラガー、スタウト
どれも甲乙つけがたく美味しい。ま、いいお値段するのでね(笑)

でも、ビールはコウルサイこと言わず、すいすい飲むのが好みです。
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2016-05-12 16:01 | wine&drink | Trackback | Comments(0)

一時休止のお知らせ

ご無沙汰しております。

アメブロに着物系ブログを追加して1か月。
頑張って書いております(笑)

これから仕事でブログ集客にしようってんだから
大変な作業でして(笑)

とりあえず、
二股?は良くないと言われたので
コチラの方は一時休止にしたいと思います。

まあ先のことはわかりませんので
札幌に帰ってどうなるか?も見当もつきません。
もしかしたらまたひっそり再開するかもしれません。

エキサイトブログを書き始めて気づけば10年以上。

こんなヒトリゴトにお付き合いくださいました皆様方に
深くお礼を申し上げます。

そして、ジャンルは変わりましたが(笑)
アメブロの方でも、たわごとに耳を傾けていただけますとうれしいです。

長い間ありがとうございました。

そよ風着物日記
いまさら世間様にさらすのはどうかと思うのですがw顔出して出ております(笑)
[PR]
# by noi-y.noi-y | 2016-04-11 13:00 | Photo | Trackback | Comments(0)