おひとり様の日々・・・その後

ohitorisam.exblog.jp
ブログトップ

あいかわらずのていたらくですが・・・

すっかり年末です。

もう2017年もあと数日。

12月に入ってから、いろ~んな出来事が多すぎて、もう目が回りそうでした…。

まず家族のこと。実家の父の入院手術。しかも緊急(けがだったので)のうえに病院が遠方。まさに今冬なのに(爆)毎回肝を冷やしながら高速を運転しております。それでも術後はなかなか大変で(高齢なので)やっと最近落ち着いてきた模様(とはいえまだいろいろ困ったことが多いらしい)。この後はリハビリをして退院、なのだけど、なかなかスムーズにいくものかどうか…。まだまだ気が抜けません。

そもそも北海道の冬ですから。まず生活が夏よりは大変(笑)雪かきも買い物も、比べ物になりません。まあでもそれは毎年のことだから、そうツライと道民は思ってない。私は雪のない冬を経験してしまったので、いや~や大変(爆)と心で思っています。。。

次に仕事。

実習インストラクターのお仕事を、新しい職場(看護大学)でこの秋やってたのですけど、いや~これが大変で。私は老年の領域実習しかやったことがなくて、でも、「基礎実習もお願い、イントラいないみたいの!」と言われ、安請け合いをしてしまったことがたぶん最大の敗因。領域も大変だったが基礎Ⅱはもっとももっともっと大変だった。自分的にももうこの商売は向いてないので、今後は廃業すると決意した(笑)それにしても、基礎Ⅱというのは、本当に学生にとっては初めての実習。看護って楽しい!とか、看護師になるってすごい!とか、そういう体験ができる唯一の実習なのに(3年生からの領域実習はそんな甘くはない。ちょ~大変w)そうならなかった。もちろん私自身も力不足で上手に導いてあげられなかったけれど、そもそもの実習の内容やカリキュラム、学生がやらなければならない記録物、そもそもの学内での準備に問題がありすぎて、現場レベルではどうにもこうにもならなかった。教員のサポートにも問題があったしそもそも意思疎通が図れなかったように思う。教育の現場ってやっぱり臨床の現場とは違う。それぞれに面白さや大変さがあるとは思うけど、やっぱセンセイにはなれないなあ。。。

ざっくり12月ひと月であったことを書き連ねてみました。

また無職に戻ってしまったので、新年は職探しからのすた~と!!

といきたいところですが、まず父親の件、解決の方向性が見えないとねえ。。あと、じつは1月にはアンサンブルコンクールがあります(爆)アラフィフにして、初のアンコン。年末年始は必死に練習(笑)あ、そういえば先日自分の発表会があったんだった。それも上げてないや・・・^^;;
b0033428_23072689.jpeg
さて
さようなら2017年、よろしく2018年
どうかどうか、平和な一年でありますように。心の底から祈っております。


[PR]
by noi-y.noi-y | 2017-12-29 20:58 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ohitorisam.exblog.jp/tb/27911283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。