おひとり様の日々・・・その後

ohitorisam.exblog.jp
ブログトップ

続!ピッコロの調整のその後

さてさて、先日お願いしたピッコロの調整が出来上がり、楽器をとりに。

「バランスもタンポの状態も問題ないです~!ですが

この間おっしゃっていたAの音の音割れ。(実は何年もまえから言っているw)

私も今回長い時間吹いてみて、ああ~これか~と思うところがありました。

息の吹き込む方向とかで出たりでなかったりするので、原因はこれだとも言えないのですが、本体には問題がなく、頭部管の唄口のカットの問題とかで出ているのであれば、専門のところで相談したほうがいいかもしれません。

今も唄口左側のエッジがダレてきているので、もしかしたらそういうのも影響しているかも・・・」

…マジすか。

なんでも、木管を使ってる某プロフルーティストの方は、2年ごとに頭部管を新調するのだとか…。木は減るんだ…ということをあらためて思い知った。。

まずできるところから、ということで頭部管のセッティングの角度を外向きにしてみた。

お。調整直後でもあり、調子いい!音割れも激減w

今までピッコロは内に内にと思ってたけど、外吹きも悪くない。というか積極的にいい。音色も明るくなるし。でもそのかわりピッチがすごーく上がるので、頭部管を結構抜いて対応しています。あと気をぬくと音程が下がるw

ちょうどフルートの吹き方もちょっと変えたりしたので、ピッコロのセッティング変えても違和感なく吹けています。やっぱり個人差なのか、ピッコロはフルートより小さい変化でも大きく結果が変わるんですねー。そうそう3オクターブ目は今までより楽に出るようになりました。

ちなみにやっぱり吹き込みが強いと音割れは起きます。合奏中、身構えると特に頻繁に起こるのは精神的な問題かしら(笑)

音割れ問題は今後も続く…w





[PR]
by noi-y.noi-y | 2018-02-12 17:50 | flute | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ohitorisam.exblog.jp/tb/28107957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。