人気ブログランキング |

おひとり様の日々・・・その後

ohitorisam.exblog.jp
ブログトップ

2019年 05月 11日 ( 1 )

最近のピッコロ事情

地味にピッコロ吹いています。

が。

実は先日練習の時に、椅子から落下しまして(爆)。直後は音が出たのですが、だんだん出なくなってしまいました。6月本番にピッコロソロのある曲をやるので、これはまずい。。とりあえずフルートファクトリーに持ち込んで、調整をお願いしました。連休中だったのに(そして繁忙期なのに)対応ありがたい。。

キー2箇所直してバランス調整してもらって、よくなりました!レッスンでも音ムラがなくなって良くなったねと褒めてもらった!やっぱ調整って大事だと痛感。。

まだ管体に問題も残ってるし、これから野外ステージが続くので、また狂うと思うけど、とりあえず9月まで持ってくれと祈るばかり。大工事を敢行するとなるとできれば消費税増税前にやりたいわ(爆)

去年からレッスンにピッコロ持ち込むようになって(先生には嫌がられているがw)奏法を変えました。楽器の当て方を変えたのです。どうしてもグイグイ力任せに押し当ててしまう癖を直せないかと試行錯誤。最近馴染むようになってきました。レッスンでは音割れ問題は発生しません(ほぼ)。バンドでは時折出るけど。

で、気づいたのは、やっぱバンドで吹いてる時は息を入れ過ぎているのではないかということ。つまり吹き過ぎ。周りの音で自分の音が聞こえないから、必死に息を入れる。今もそうだけど、奏法が一定してないから、耳で聞いて探してるんですよね、吹き方や位置を。

息を入れれば大きな音が出るかというとそんなことはなく、逆に音色が悪くなって飛ばない音になってしまう。そんなことの繰り返し。

最近のテーマは、「勇気を持って小さな良い音で吹く」

なかなか難しいです。

良い音鳴ると楽しいですねー。レッスンではハイドンのソナタを練習しています。バロックは音域もピッコロにあってますしね。やさしいコード進行がハマるとグッときますwおすすめ。時々エマニュエルバッハも試しますが、世界観が難しい(笑)奏法を忘れて違う世界に行ってしまいますw注意。

細く長く一定の息で息を入れ続ける。これができるとムラなく鳴らせるのではないかと思っています。

フルートも同じように吹けるといいのになあ。大きな方は息が足りなくなって苦しくなるのです。嗚呼。
b0033428_07342502.jpg

譜面台に乗るピッコロwここから落下したわけではありません!







by noi-y.noi-y | 2019-05-11 09:00 | flute | Trackback | Comments(0)